技術者をトップにしないとイノベーションは生まれない!

DMMの亀山会長が語ったこの内容

https://news.mynavi.jp/itsearch/article/solution/2188

これってもの凄く重要な事で、
世の経営者はほとんど理解すらできない事?

だって営業系の社長にとって営業こそ絶対であり、
売上さえあれば経営は安定すると思っている。

対して技術系の社長にとって技術こそが神であり、
営業なんて単細胞で客のいいなりしかならないバカだと本気で思っているw
売上や利益なんかに疎い人も多いので。
企業として存続しやすいのは営業系の会社かな。

そんな2つの正義?は価値観も目標とする数値も何もかも違うので、
昔から分かりあえない仲だとよく言われている。

亀山会長はその辺りを肌感覚で理解できる天才肌の経営者だと思う。
しかも自分にはイノベーションを起こせないし、
ネットを分かったつもりになっていると認識している所が潔い!

そして、トップの座を譲ってしまうんだからもう凄いの一言。

異分野を理解する、歩み寄る

それができる、バランス感覚に優れた経営者はやっぱり
突き抜けた実績を残していると思う。

あとは異分野の2人で起業するパターン
スティーブ・ジョブズとウォズニアック
盛田昭夫と井深大など

これも対局の2人が同じ能力、権限をもって初めて成り立つと思う。

会社の主要ポストについてる職種をみて、
営業系が多ければ技術を増やさなければならないし、
技術が多ければ営業を増やさないといけないかもしれない。

どちらかが偉いとどちらかがふてくされる。

組織経営で重要なのは適切なバランス感覚!

子どもたちに誇れるしごとを。

「子どもたちに誇れるしごとを。」

CMで聞いたことのある方も多いと思いますが、
清水建設のコーポレート・メッセージです。

このメッセージを聞くと、
そうだなーと、色々と考えさせられる事があります。

子どもに誇れるか?って凄く重要で、
本質的なメッセージじゃないですか?

最近DeNAの炎上ニュースを皮切りに、
サイバーエージェントやリクルートなど、
様々なキュレーションサイトが記事を削除していますが、
ほんとその仕事に関わった方々に
「子どもたちに誇れるしごとを。」って伝えてみたいですね。

まー子供がいないと響かないでしょうが、
となるとIT企業の若い方々には総じて響かないかwww
笑えない(T_T)

人の気持や痛みが分かるようになるってどうすればいいんでしょうね?

それに比べてAmazon

まずはダッシュボタン
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4752863051

すげーなと

これだけでも驚いたのにさらに想像の上を行くAmazon

AmazonGO
http://www.gizmodo.jp/2016/12/amazon-go.html

なんとレジに並ばないでいいとな!

GUのICタグ?レジだけでも未来が来たと思っていたのに
もうレジ自体を無くしてしまうとは。。。

なんか日本のIT企業とは次元が違うな、
カッコイイよ、Amazon!

これぞ子どもたちに自慢できる仕事ですね!

なんか社会意義の大きな仕事
多くの人に喜ばれる仕事
必要とされる仕事

他にも色々ありますが、

お金じゃない価値を大事にしていきたいと思います。

「ドキュメンタル」超面白い!はウソ、だってまだ始まったばかりだし。。。

amazonプライム会員限定でなんと、
松本人志プレゼンツ!
すべらない話のようなオリジナル番組をやるらしい!

そのなも「ドキュメンタル」

おー!そんな面白そうなのやるなんて楽しみ~

と思って初回を見てみたけど、

1時間の番組でイントロが40分、実際スタートしてからは
中断をはさみつつ20分といった感じ。

簡単に言うと6時間で笑わずに残った人が勝ちってルールなんだけど、
初回はまだ20分、ほんと最初の最初!

これから面白くなりそうだから来週以降に期待大!!

なら正解だけど

まじおもしれ~
すべらない話超えたな、こりゃ

こんなブログが乱立してますがそこまでは言えません。
だってまだ最初の20分くだいだし。

そこで何が言いたいかというと。

皆さんアフィリエイト狙いすぎw

確かにamazonプライム限定で松本人志って名前だったら
誰でも見たくなるだろうから
アフィリエイトする気持ちは十分分かる。
だけど、あんまり誇大にやりすぎるとちょっとどうかなと。

最近、キュレーションメディアが全滅してってるけど、
個人ブログにもその流れが来るんじゃないですか?

誇大はぎりセーフにしてもウソはダメ!

Googleの理念に「邪悪になるな!」ってあるらしいけど、

ネットのルールはこれだと思う。

邪悪になるな!

WELQからの流れでこんな記事書いちゃったけどホントは、

amazon☓吉本(松本人志)はテレビのあり方を変えるかも!

もう番組表をみてその時間に見るなんて意味が分からない!

民放も見逃し番組を見れるなんとかってサービスやってるでしょ?

amazonプライムもそうだけど、
KindleTVとかで見ることができる
dTV、Hulu、Netflix、その他色々あるオンデマンド?サービスや、
藤田社長が頑張ってるAbemaTVなど、
テレビは見たい時に見たい物を見る時代!
確実にそうなってきている。

こうなってくると資本力のあるとこが勝つ!

だって映画、アニメ、ドラマじゃ差別化できないし、
だってどこでも扱うことができるから。
そうなると独自番組が重要になる。

今回amazonがやったこのドキュメンタル

明らかに今までのオリジナル番組とはクオリティーもかけてる予算も全然違う!

これからamazonは本気でこの分野に力を入れてくると思う。

キュレーションメディアやってる企業と

ECと言う大本命で独自の倉庫を持ち、物流を制覇しようとしているamazon
サーバー事業も絶好調で、電子書籍、映画、音楽、それにIoTやAIまで攻め、
しまいにゃ宇宙事業にまで乗り出している。

やっぱ格が違うなーamazonは

WELQ問題に端を発したネット世界の倫理欠如はグローバル化の弊害だった説!

WELQ、予想以上に大事になってきましたね。
この問題をそう語るつもりもなかったんですが、
こうなってきたら色々と思うことや気づけたことがあります。
DeNA、守安社長がようやくコメントを発表
iemoなど他のキュレーションメディアも全記事を非公開にするそうです。
でもMERYだけは別扱い?
って事はMERYだけは別運営できちんとしたメディアであるという事。
って事は同時に買収されたiemoはそうじゃなかったって事。

ご存知、iemoを立ち上げたのは村田マリ氏

彼女はDeNAのキュレーション事業を統括する立場であり、
役員として責任ある立場でもある。
是非、というか村田マリさんは公にコメントを発表しないといけない。
以前、メディアの取材でとても立派な事をおっしゃっていて、
やはりiemoは違うなと関心した。
それなのに今回のiemo含めそのた9つのキュレーションサイトの実質閉鎖。
守安さんでも南場さんでもなく、責任者は村田さんでしょ?
DeNAの役員であれば企業価値をこれ以上さげない為、
真実を語っていただきたい。
守安社長がそんな細部のオペレーションまで把握してる訳ないじゃん。
でだ、

そもそもなんでこんな倫理のかけらもないような状態になってしまったのか?

やはりインターネットによるグローバリゼーションの弊害だと思う。

インターネットはWWW
ワールドワイドウェブ、つまり世界のどこでもだれでも使うことができるという事。
※中国なんかは規制してるけどね、北朝鮮も
グローバルという事はそのサービスを提供する会社がある国の法律が適応される。
ご存知2ちゃんねるも海外にサーバーがあったりするから対応が難しい。

それからYouTube

これもアメリカ
YouTubeがでたときはこんなん著作権大丈夫なの?っておもったけど、
今やYouTubeの力にそのあたりの力関係が逆転してしまった。
これにより、音楽やテレビや映画やアニメなんかはタダみたいな認識ができた。

それからNAVER まとめ

これは韓国ね
他人のコンテンツを勝手にまとめてビューを稼いで、
それに対してフィードバックするなんて仕組み、
日本じゃダメなんじゃないですか?
飽和した情報をいい感じにまとめてくれる!
これからキュレーターという造語が流行りだし、
キュレーションメディアが台頭してきたんだと思います。
あと、リスティングなどのネット広告
そのキーワードに対しての単価入札になるので、
クリック単価がありえない程高騰!
大手が枠を買い占め、費用対効果でみるとペイしなくなってきた。
だからSEOの技術を駆使したコンテンツマーケティングがはやり、
倫理のかけらもない儲けキュレーションサイトが乱立する形となってしまった。
あとアフィリエイトもガンだよね、
もうめんどくさくなったのでこの辺で。。。
んで、これを是正するにはどうしたらいいかという話。。。
また改めて書きます。

 

他人を傷つけずに自分の言いたいことを伝える「DESC法」が使える!

言いたいけど言えない事って結構多いですよね?

そんな時に相手を傷つける事無く自分の言いたいことをしっかり伝える方法があるんです。

その名は「DESC法」

詳細はこちら 手抜きw
http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/articles/1611/24/news022.html

D=Describe(描写する)→客観的に状況や事実を述べる
E=Express(表現する)→自分の意見や感じていることを表現する
S=Specify(提案する)→相手にしてもらいたいことを、明確な言葉で提案する
C=Consequences (結果を伝える)→提案したことが実行されたとき、されない場合の結果を伝える

上記をふまえ、まずは例文

D=Describe(描写する)
「今日遅れてきたよね」

E=Express(表現する)
「遅れてきて連絡もないといつまで待てばいいか分からないし、私は心配になるよ」

S=Specify(提案する)
「やっぱり時間通りに来てほしいし、無理そうだったら連絡がほしいな」

C=Consequences (結果を伝える)
「時間通りに来てくれれば心配しなくてすむし、遅れるときには連絡をくれると、こっちも安心するよ」

うん、彼女や奥さんからこう言われると
気持ちよく「ゴメン」が言えます。

どれか1つでも欠けると意味が正しく伝わらなかったり、
言われた方も、もちろん言った方もイラッとくる。

ポイントはC=Consequences (結果を伝える)

そう、この部分があるか無いかが大きい、

「時間通りに来てくれれば心配しなくてすむし、遅れるときには連絡をくれると、こっちも安心するよ」

結果を伝えるより気持ちを伝えるですね。

こう言われてしまったら「あー、心配かけてほんとゴメン、次からちゃんと連絡するよ!」

きっと素直にこう言えます。

これがCではなくSの提案で止まったら。。。

「やっぱり時間通りに来てほしいし、無理そうだったら連絡がほしいな」

提案っていうより要望だね、一方的に要望だけ言われると
わかっちゃいるけどあんまりいい思いはしないものです。

「ゴメンゴメン、今度から気をつけるよ」

多分こんな解答、その場しのぎで本心から相手に悪いとは思っていない。

さらに「表現する」で止まったらどうだろう?

「遅れてきて連絡もないといつまで待てばいいか分からないし、私は心配になるよ」

ヒステリックな感じで言われなければこれはこれでいい。
ただ、心配になると安心するよでは、やはり後者のイメージがいい。

「心配掛けてゴメン、悪かった」

これはこれで正解のような気もするが、
相手の解釈で判断されてしまうので、
やはり提案=要望の部分でしてほしい事をしっかりと伝える必要がある!

 

D=Describe(描写する)→客観的に状況や事実を述べる
実は他に好きな人ができたんだ
E=Express(表現する)→自分の意見や感じていることを表現する
君はほんとに美人でいい娘なんだけど、なぜか一緒にいて楽しくない
S=Specify(提案する)→相手にしてもらいたいことを、明確な言葉で提案する
だから別れてほしい。。。
C=Consequences (結果を伝える)→提案したことが実行されたとき、されない場合の結果を伝える
今のままだとお互いよくないから、それぞれ新しい道に進もうよ。

んーイマイチ

またクレームか、これで何回目だ!あぁ?
だいたいお前はお客さんの気持ちが分かってねえんだよ!全く!!
いいか、よく聞けよ、お前が喋るんじゃなくてお客さんに喋らせるんだ!
そうすればお客さんは分かってくれたと思うし、お前も顧客ニーズが掴めるからよ。

うん、だいぶ良くなった!

先日会議で決まった事が全然できてないじゃないか?
ビジネスにおいては納期が絶対、スピードが遅いと他社に先を越されるぞ!
納期を守るにはスケジュール通りに進んでいるかを常にチェックする事。
そうすれば納期通りに収まるし、直前でバタバタする事もなくなるから。

ビジネス系では使いやすいね

もう終電無くなっちゃったね。。。
疲れたからちょっと休んでいこうよ、もっと2人だけで話したいからさ。。。
そばに居てくれるだけでいいんだ、絶対何もしないから;;;
一緒にいると凄い癒やされるんだ。。。

こんなんに騙される人いないかw

使いこなせると面白そう。

今回お伝えしたのはアサーションの中の1つの手法らしいので、

アサーションを掘ってみたい!

と思う今日この頃でした。

DeNAのキュレーションメディア「WELQ」問題は非常に根深い問題

WELQ、ようやく閉鎖、じゃなく記事を非公開にしたみたいですね。

https://welq.jp/

今回、この問題に一石を投じた永江さんに拍手!

DeNAがやってるウェルク(Welq)っていうのが企業としてやってはいけない一線を完全に越えてる件(第1回)

それを追随し、非常に論理的な記事としてまとめ、
Yahoo!トピックスのトップを取ったBuzzFeedにも拍手!

https://www.buzzfeed.com/keigoisashi/welq-03?utm_term=.vjpk1OwoD#.xlVe98oJp

WELQの問題はこの記事でほとんど語られているし、
その他多くの方が援護射撃の投稿や発言をしている。

しかし、WELQの問題はほんと氷山の一角。

今回は電通の問題と似ていて、
プロ野球球団を保有する東証一部上場企業がやったからココまで問題になっただけ。

ネットを見れば、トップのDeNAがコケてるうちに1位を狙おうと
ハイエナのように多くのキュレーションメディアが群がっている。

ネットで誰でも簡単に広告収入が得られるようになった結果、ネットが荒れた

それまではネットのダークな部分は2ちゃんねるがになっててくれた。
匿名掲示板、愚痴やストレスそこで吐き出してしまえば発散できた。

所がGoogleAdWordsや、各種アフィリエイトが出始めてから、
ネット上に広告チックなブログが増えた。
内容は誇大広告や薬事無視のオンパレード
売れればなんでもいい、倫理や道徳などあったもんじゃない!

その仕組を作ったのも殆どはアメリカの企業、
インターネットによるグローバル化は確実に何か大切な物を奪った。

SEOがもたらした害悪

検索エンジン側が求める
「探している人に最適な情報を提供する!」
こんな理念をあざ笑うかのようにそのロジックを解析し、
検索上位に表示するテクニック。

ユーザーに有益な情報先へ誘導できるならよいが、
その殆どはアクセスやアフィリエイト収入がほとんど。

この流れを是正しないと、検索なんて誰を使わなくなる!

タイトルを書いて冷静に考えると、
検索なくなってしまえばいいのかもしれないw

世の流れは実名のFacebookに流れているし、
その傾向は必然だったと今振り返れば思う。

mixiが数年で消えたのに、
Facebookは10年近く続き、今なお成長しているのは、
検索に対する不信感だと思う。

若者はSNSやアプリをメインで使い、
既に検索をつかわなくなっていると言う、
理由は、検索なんて広告ばっかだからと。。。

見抜かれてますよ!

ユーザーに価値を提供できないメディアは必要とされなくなる。
栄華を誇った検索も数年後には無いかもしれない。

広告主にも価値を提供出来なければ去ってしまう。

本当の意味で信頼できるキュレーションメディアだけが残る

これも必然の流れ、
あと影響力のある個人、これはキュレーターね。

ネットにはゴミが増えすぎた。
そろそろ大掃除しないとね。

個人もメディアも理念が必要不可欠!

やはり理念や思想信条を確立しておかないといけない。

そうじゃないとブレる。ブレた結果、越えてはいけない一線を超えたり、
倫理や道徳を無視した行動ができてしまう。

儲かれば何やってもOK!
そんな価値観が最近多くなったと思う。

これも資本主義のもたらした結果であり、
グローバリゼーションの影響だろう。

今回のトランプ大統領で
グローバリゼーションが衰退し、
マネーゲーム化してしまった今の金融市場を再定義でき、
ナショナリズムによる国家観、
ローカルとして個の確立。

なんか世の中がもっとよくなってほしいと節に願う今日このごろでした。

伊藤さんのマネジメント論が腑に落ちた話

伊藤さんのマネジメント論が腑に落ちた話

https://codeiq.jp/magazine/2016/11/47140/

伊藤さんとヨッピー、
それに神童とよばれている河西さんのパネルディスカッション。

ヨッピーが出てたから何かのネタか?と思ってみてみたけど、
普通に真面目な内容でびっくりしたw
やっぱこの人真面目なんだなー

話の中で伊藤さんが語っていたマネジメント論、
CTOなどある程度の権限が無いと実現はできないけど、
これこそ長期的に見たら正しい選択しだと思う。

逆に役員クラスが頑張らないといけない現状は
まだまだ会社として弱く不安定な証拠。

イザという時にいつでも動けるよう平時は身軽にしておき、
将来を見据え、未来に投資し続ける事が大事なんだと、
結果を出している伊藤さんの意見が
妙に腑に落ちた瞬間でした。

体調が悪い時にはどうすべきか?

朝晩の気温差が激しいのが原因か?
最近流行っているカゼの影響なのか?
ついこの前こんなブログを書いたばかりなのに今は絶不調ですw

バイオリズムというか好不調の波ってあるよね。

この記事にも書いてある通り
「調子が悪い時は無理をせず息抜き、遊び、ストレス発散、休養に注力する。」
これが重要です。

こんな意味の無いブログだけど、
バイオリズムの変化をログとして残しておくと後々パターンが見えてくるかもしれない。

10年日記みたいに、去年の今頃はどうだったとか。。。

寝よう。

電通の問題で働き方の多様性が加速度的に生まれる話。

電通の問題を皮切りに、長時間勤務、残業に対する世間の味方が一気に厳しくなった。
電通のような環境で働いている会社は5万とあるわけで、
経営者の方々は戦々恐々、ますます経営が難しい時代になった。

との話をよく聞きます。

確かに今までの仕事のやり方を買えられなければ、
この流れに対応するのは不可能に近いと思います。
逆にこれをチャンスと捉え、働き方を柔軟に多様化できる企業が
これから優秀な人材を揃え、勝つ時代になるんじゃないでしょうか?

先日Yahoo!のニュース、
週休3日は話題になりました。
これはゾゾを運営するスタートトゥデイも実践しています。
さらにスタートトゥデイでは6時間勤務も採用しているとか。

リクルートではリモートワークが導入され、
あのトヨタでも一部から実施が進んでいます。

銀行にはAIが導入され、
自動運転、自動レジ、ロボットなど、
働き方以外から仕事のイノベーションは起こっています。

そもそも昭和的発想で言えば理不尽に耐えるのは当たり前!
でも普通に考えれば理不尽なんてありえないはず。
そのあたりのギャップが生まれていて、
この差は埋められない状態になっている。

そもそも朝9時に出勤して夕方6時に帰るというのも非効率
それが渋滞を生む元凶
昼休みも自由に取ればいい。
成果が求められ、サービス化した仕事において従来の働き方では対応できない。

子供がいるお母さんは家で仕事をすればいいし、
1つの会社でしか仕事をしていけないのも広がりや成長の機会が阻害される。
リモートであればいつでもどこでも仕事ができる。
そうじゃない仕事ももちろんあるけれども、
そうできる仕事からやっていけばいいと思う。

只、そうするにはある程度仕事においてプロである必要があると思う。
ある程度自立しておかなければいけないし、
ある程度のコミュニケーション力は必要になる。

結果、新卒は組織で働いた方が効率が良いと思うし、
そうした方が良い人もそうした方が良い?と思う。

んーまとまらないけど
まとまらないだけに色々な問題があり難しい問題。

只、今回の流れを機に古い常識を取り壊し、
新しい価値観、働き方が定着すればいいなと切に願います。

日本電産の永守さんにも頑張って欲しい!
グローバル比率が高まれば高まる程、
日本の常識がいかに非常識かという事が分かる。

脱、ガラパゴス!!

バイオリズムというか好不調の波ってあるよね。

調子がいい時は仕事も片付いて
プライベートでやりたい事もある程度やったうえで
こんなブログを書く時間もできる。

しかし、調子が悪い時はこの逆、
だいたいカゼをこじらせたりするともう最悪。

バイオリズムって浮き沈みの周波の波があるけど、
ほんとあんな感じ。

だったら調子がいい時をキープできれば理想なんだけど
不思議なもんで高不調の波は必ずやってくる。

バイオリズムとはそんなもの?
自然の摂理??
株価だって経済だってこの波を繰り返しながら
長期的に見たら成長してたりする。

これって大きな発見であり真理なのかもしれないw

ま、好調をキープできるように努力はしたいと思う。

それから、不調になった時は無理せず復調に向かうように努力する。

「カゼごとき」とか言って数週間こじらせたりするのが一番後を引く。
いいかげん勉強しないと。
せっかく税金はらってるんだからカゼをひいたら速病院!

医者はいいから薬をもらおう。
ほんと、カゼは毎回処方される薬一緒なんだから、
直接買えたらいいのにとほんと思う。ほんと。

まとめると

調子が良い時は色々とやりたい事へ貪欲にチャレンジ!

反転して調子が悪い時は無理をせず息抜き、遊び、ストレス発散、休養に注力する。

バイオリズムが変化する予兆とその原因を理解できれば、
きっと素晴らしいパフォーマンスがあげられるハズ!!